2013年3月アーカイブ

こんにちは!

アトレージュの森 運営事務局の安東ですにゃ

 

今年は桜の開花が、かなり早い地域が多いですね桜

もうお花見に行った、という方も多いのではないでしょうか花見弁当

 

 

 

桜といえば、見るのもモチロンですが、

この時期、特に食べたくなるのが『桜餅』 道明寺桜餅 さくら餅

 

ピンク色の生地と、塩漬けにした桜の葉。。。

見た目にも春らしさいっぱいで、私が大好きなお菓子です好

 

 

さてさて、この巻いてある桜の葉、食べますか?

 

 

ある調査では、8割の方は「食べる」とのことですが

皆さまはいかがでしょうかニコ

 

 

この桜餅に使われている葉ですが、

大半が伊豆地方で生産されているそうですためいき

 

使用されるのは、大島桜(オオシマザクラ)の葉はっぱ

香りが高く、毛が少なく柔らかいのが特徴で、

この品種でなければあのキレイな色が出ないのだそうかぜ

 

 

また、あの甘く独特の香りは、主に「クマリン」という成分で、

塩漬けにされて、はじめて生みだされるもの、とのことニオイ

 

 

クマリンは、主に柑橘系の果皮に含まれている芳香成分で、

解熱、咳止め作用、血圧低下作用、二日酔い予防などの

効果があります手

 

また、クマリンには強い抗菌作用があるので、

桜餅の保存にも役立っていますアオキラ

 

 

そして桜の香りは、リラックス効果が高いのも特長ひらめき

 

クマリン以外にも、芳香成分として含まれているのが。。。

桃ベンズアルデヒド

  アーモンドやバニラに含まれている、甘い香り

桃β-フェニルエチルアルコール

  ローズの主成分で、甘く濃厚な花の香り

桃アニスアルデヒド

  フェンネルやアニスの精油にも含まれる、優しく甘い香り

 

これらの香りが混ざり合い、出来たのが、

あのほんのり甘く心地よい、やさしい香り匂い

 

悲しみ、不安といった感情を和らげ、気分を高揚させ、

明るく幸せな気持ちにさせると言われていますハート

 

 

香りは、まず鼻で感じるものですが、

食べることで、より一層強く感じられるものポイント。

 

また、桜の葉の程よい塩味と、甘いあんの組み合わせは

桜餅の美味しさのひとつですキラキラ

 

 

今までは、「ただの包装で、捨てるものだと思っていた」、

「なんとなくはがして食べていた」という方、

一度そのまま食べて、春の香りを満喫してみてはいかがでしょうかきゃはっ♪

 

 

 

みなさまのお肌がHAPPYになりますようににじ~

http://atorrege.jp/

こんにちは!

アトレージュの森 運営事務局の安東ですにゃ

 

 

先日18日には、近畿地方と東海地方でも

春一番が吹いたとの発表がありましたね春

 

いよいよ春本番四つ葉

突然の強~い風にはお気をつけくださいね桃色吐息

 

 

 

これからの時期、お客様より、急に目のクマが気になり始めたと

相談を受けることがあります隈

 

疲れているように見えたり、年齢以上に老けて見えたり。。。

クマは大きな肌悩みのひとつですね汗

 

 

 

目のクマは大きく3つの種類があり、それぞれ原因が異なりますチェック

また、2つ以上の種類が重なり、現れる場合もあります

 

くま 青クマ

睡眠不足、目の疲れ、栄養不足、ストレスをはじめ

肩こりや冷えなどの血行不良によるもの

 

目の下の皮膚は薄いので、血液の色が透けて見えます

酸素が不足した血液が滞り、青く見えるのが原因です

 

 

くま 茶クマ

メラニン色素が沈着し、皮膚が茶色く着色されたもの

紫外線だけでなく、肌の摩擦(こすりすぎ)による刺激でも、

メラニンは生成されます

 

また、加齢や血行不良により、肌代謝(肌の入れ替わり)が滞り、

できてしまったメラニンが排出されにくくなることも原因です

 

 

黒くま 黒クマ

元々の骨格・顔立ちで、目の下に影ができ、暗く見えるもの

また、むくみ、加齢による皮膚のたるみ・しわでも起こります

 

 

 

この時期、急にクマが気になり始めたという方は

花粉症などのアレルギーをお持ちではないでしょうか?

 

花粉などで目がかゆくなり、こすってしまう習慣があると

メラニン生成され、茶クマとしてお肌に現れるのですがーん

 

 

 

茶クマは、シミやくすみと同じで、一度色素沈着してしまうと

大変ケアが難しいですむっ

早速、予防とお手入れを始めましょう手

 

 

かゆみがあると、ついつい触り、こすってしまうので

まずは、かゆみを抑えるのが先決かぜ

 

カンタンなケアの方法は、清潔なタオルに冷水を含ませたものを

目の周りにそっとのせて冷やすというものタオル

これだけでも随分かゆみが和らぎますきらきら!!

 

 

また、目元はとても乾燥しやすいパーツ目

乾燥していると、肌代謝が滞るので、メラニンを溜め込むことに青スジ

 

さらに皮膚表面があれていると、外部からの刺激に弱くなり

そこに花粉などが付着すると、ますますかゆみが強まりますびっくり

 

 

目元には必ずクリームを使用しましょうクリーム☆

特に、あれたお肌をなめらかに整え、保護するタイプがよいでしょうポイント。

 

こすらないよう、薬指などの、あまり力が入りすぎない指先で

優しく押さえるようになじませます手

 

 

また色素沈着を起こさないよう、UVケアは必須 サングラス グレー洗顔料

お手入れに美白アイテムを取り入れるのも効果的ですきらきら

 

 

 

しかし、どうしてもできてしまったクマは、メイクで隠したくなるものファンデ

 

ここでご注意を注意

油分の多いコンシーラーやファンデーションの重ねづけが、

かえってお肌に刺激となることがあります涙

 

また、しっかり塗りこんだメイクを落とそうとすると

お肌を触る、こする原因となり、悪循環になることもドクロ

 

 

できれば敏感肌用のファンデーションを選ぶ、

もしくは軽くおしろいを使用する程度に留めましょうパフ

 

メイクを落とす際はポイントメイク用のリムーバーを使うなど、

できるだけ負担をかけないようにするのも方法ですためいき

 

 

 

春はやっぱり、ピンクやラベンダーなど、

パステル系のアイカラーが使いたくなりますよねハート

 

今スグ対策&しっかりケアで、

春色が似合う、明るい目元をキープしましょうきゃー

 

 

こちらもご参考に 矢印(下)

アトレージュAD+ 公式サイト

【肌ケア情報】  朝から夜の悩み別ケア  朝のクマ
 ※モバイルサイト表示はこちら

【商品情報】 アトレージュAD+ バリアベール
 ※モバイルサイト表示はこちら

 

 

 

 

みなさまのお肌がHAPPYになりますようににじ~

http://atorrege.jp/

こんにちは!

アトレージュの森 運営事務局の安東ですにゃ

 

 

3月に入り、日差しがかなり暖かい日もありますねおひさま

 

暖かくなると、花粉の飛散が気になりますが

一方で、気をつけたいのが紫外線紫外線

 

紫外線はシミ、ソバカスの原因をつくったり

シワ、たるみなどの老化を促す、まさしく"美容の敵"剣

 

日焼け止めをはじめとするUVケア化粧品日焼け止め は

本当に欠かせないアイテムですねきらきら

 

 

 

ところで、今年からUVケア化粧品で

新表示がスタートしているのをご存知ですか?びっくり!! 

 

よく、ファンデーションや日焼け止めのパッケージに

『SPF』、『PA』と書かれていますよねチェック

 

皆さまがUVケア化粧品を購入する際、

この表示を参考に選ばれていると思いますが

今回の注目は、『PA』の+表記ですキラキラ

 

では、ここで少しおさらいを かぜ かぜ かぜ

 

 

【PAとは】

たるみやシワの原因となる、紫外線A波(UV-A)を

防御する効果を示すもの

「+」の数が多いほどUV-A防御力が高いことを示しています

 

 

今まではこれが「+」、「++」、「+++」の3段階だったのですが、

「++++」が加わり、ナント4段階に!!

   矢印(下) 矢印(下) 矢印(下)

PA+    : 2以上 4未満 (効果がある)

PA++   : 4以上 8未満 (かなり効果がある)

PA+++  : 8以上 16未満 (非常に効果がある)

PA++++ : 16以上 (極めて高い効果がある)

 

 

この改訂は、まさしく化粧品製造技術の進歩によるものひらめき

 

今まで、「PA+++」と表示されていたものの中には

20~30以上の高い防御力の化粧品もあったとか汗

 

同じ表示なのに、効果に差があるのは、ちょっと疑問ですよね苦笑

そこで、今年から「PA++++」の表示が加わったワケです

 

肌老化の80%は、紫外線が原因と言われていますドクロ

お肌のために、少しでも紫外線は避けたいところ停止灯

効果が高いのは本当にウレシイですよねきゃー

 

 

ただし、ちょっとここでご注意を注意

 

敏感肌の方の中には、SPF値やPA値の高い化粧品に

配合されることが多い特定の成分(紫外線吸収剤、他)に

アレルギー反応を起こしやすい方もいるようですびっくり

 

炎天下でのスポーツ、海辺や雪山で浴びる紫外線と、

通勤や買い物などの日常生活で浴びる紫外線では

量や強さは異なりますかぜ

 

敏感肌の方は、敏感肌に対応した化粧品を選び、

紫外線を浴びる状況に応じて適切な「SPF値」「PA値」のものを

使用することがとても大切です要

 

ポイント。 POINT : 選び方

(1)生活シーンに合わせたUVケア化粧品を選ぶ サマーやしの木

(2)「SPF」や「PA」の表示を確認して選ぶ じっ

 

 

また、いくら効果の高いUVケア化粧品を使用しても

その使い方によっては、効果が半減することがあります㊦㊦( ̄^ ̄

 

使用量が少ない、ムラづきしている場合はもちろん、

汗、水に強いウォータープルーフタイプ涙 の化粧品であっても、

衣服や動作による摩擦などが原因で落ちていることがあります青スジ

 

そこで、以下のポイントも忘れないようにしましょうキラキラ

 

ポイント。 POINT : 使い方

(1)十分な量を使用し、お肌にムラなくのばす 薬

(2)2~3時間おきを目安に、状況を見て塗り直す 時計

 

 

UVケア化粧品は上手に選んで、上手に使ってためいき

毎日の紫外線対策で、美しいお肌をキープしましょうかお2

 

 

こちらもご参考に 矢印(下)

アトレージュAD+ 公式サイト

【肌ケア情報】 春の紫外線対策 

モバイルサイト表示はこちら

【化粧品情報】 敏感肌のための日焼け止め
モバイルサイト表示はこちら

 

 

 

 

 

みなさまのお肌がHAPPYになりますようににじ~

http://atorrege.jp/

このアーカイブについて

このページには、2013年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年2月です。

次のアーカイブは2013年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。