2014年3月アーカイブ

こんにちは!

アトレージュの森 運営事務局の安東ですにゃ


 

 

突然ですが、先日、厚生労働省より

「健康づくりのための睡眠指針」改訂の

発表があったのをご存知ですか ?

 

これは2003年の策定以来、11年ぶりとのことです

 

 

 

さてさて・・・

皆さまは、どのくらい睡眠時間をとっていますか?ZZZ


 

健康の維持に必要な睡眠時間は年代によって異なり、

10代前半では8時間ですが、その後20年ごとに

30分程の割合で減少するそうです 目覚まし時計


■ 睡眠時間の目安

10代前半まで ・・・ 8時間以上
25歳 ・・・ 7時間
45歳 ・・・ 6.5時間
65歳 ・・・ 6時間


 

今回の改訂の特長は、年齢による生活習慣や

睡眠の特徴を反映させ、注意点やアドバイスを

盛り込んだところだそうです かぜ


 

■ 10代を中心とした「若年世代」

寝床でスマートフォンやゲーム機を利用する場合は、

画面の光(ブルーライト)の刺激で体内時計がずれ、

不眠の原因になる恐れがあるので注意が必要 スマホ疑いの眼差し

 


■ 25~45歳に近い「勤労世代」

睡眠不足は仕事の能率を下げるため、毎日十分な

睡眠をとるようにすることが大切

 

睡眠時間が十分とれない場合は、昼間の早い時間に

30分以内の短い昼寝をすることが効果的 寝る


■ 65歳に近い「熟年世代」

高齢になる程、必要な睡眠時間が短くなるのに

長時間眠ろうとする傾向がある

 

無理に眠ろうと、寝床で長時間過ごすと

眠りが浅くなり、熟睡間が得られないことが

あるので注意が必要 sao☆


 

 

睡眠は、脳と心身の疲労を回復させるために

欠かせないものですチェック

 

睡眠不足は身体の疲れが取れないだけでなく、

集中力や意欲の低下にもつながります ブタ


そして、肌荒れや肌トラブルの原因にもなり、

高血圧や糖尿病などの生活習慣病のリスクも

高まるとされていますドクロ


 

また、睡眠不足には意外な悪影響がびっくり


睡眠不足が続くと、食欲増進ホルモンが増加し、

高カロリーのものを選びがちになるという

研究結果があるそうです 汗


一方、満腹感を感じるホルモンも低下するため、

つい食べ過ぎてしまい、肥満につながることも青スジ

 

 

 

 

美容と健康のために、十分睡眠をとりたいところですが、

仕事や勉強、家事に子育てなどに忙しい現代人は

なかなか難しいものです 汗


短い時間でも、できるだけ質のよい睡眠がとれるように

心がけましょう ポイント。

 

 

■ 身体

 

適度な運動は、心地よい疲労感を生じさせるので、

寝付きが良くなりますブタ

 

寝る2時間前までにウォーキング、ヨガやストレッチなどの

軽い運動をすると、ストレスの緩和も期待できます 歩く ストレッチ

 

また、40℃程度のぬるめの湯船に10~20分つかる、

就寝の30分程前に、首元や目元をホットタオルで温めると、

血行を促し、心も身体もリラックスできます お風呂

 

 

■ 食事

 

夕食は寝る3時間前までに済まし、腹8分目にします

 

就寝前の4時間は、カフェインの摂取を避けた方が

良いでしょう カップNG

 

眠りにくくなるだけでなく、利尿作用によって、

夜中に起きてしまうことにつながります sao☆

 

睡眠を誘うハーブティーや、冷えて眠れない方は、

ショウガなどを使った身体を温める飲み物を

摂るのもよいでしょう 紅茶 ハーブ

 

 

■ 睡眠環境

 

就寝前にパソコンやテレビ、スマートフォンや携帯の

強い光を浴びると、質の良い睡眠の妨げになるので、

できるだけ早めに終えるようにしましょう注意

 

また、寒い時期、たくさんの布団や毛布をかけて眠ると、

寝返りが打ちにくく、布団の中の温度や湿度の調節が

難しくなり、睡眠の質が低下するといわれていますベッド

 

布団や毛布の数を増やすのではなく、ベッドパッドや

シーツを保温性の高いものに変えるのも方法です

 

夏はガーゼやシルク素材の肌布団を使用すると、

肌触りがよく、肌トラブルの回避にもなりますためいき

 

その他、寝室の温度調節や、照明の工夫、

音楽やアロマテラピーを活用するのもよいでしょうライト

 

 

 

 

もし毎日6時間眠るとすると、なんと人生の1/4は

睡眠時間ですひらめき

 

美容と健康に、忙しい毎日のリフレッシュの場として

心地よく、有意義にお過ごしくださいねキラキラ


 

▼ 詳しくはコチラでもご紹介しています

【肌ケア情報】女性特有の症状のケア

睡眠不足

※モバイル表示はコチラ






みなさまのお肌がHAPPYになりますようににじ~

http://atorrege.jp/

 

こんにちは!

アトレージュの森 運営事務局の安東ですにゃ

 

 

 

 

暖かい日が増えて、やっと春の気配が

感じられるようになりましたね !

 

私の住む大阪でも、今週桜の開花が予想されており、

いよいよ過ごしやすい季節の到来です 桜**

 

 

 

嬉しい反面、この時期注意しておきたいのが

冬の乾燥期を過ごしてきたお肌のコト 汗

 

この時期のお肌は、冬の寒さによる代謝低下の影響で、

乾燥や肌荒れが起こりやすくなっています

 

 

そして特に注意したいのが、紫外線 注意


まだまだ日差しは弱いですが、紫外線量は2月の

立春を過ぎたあたりから、徐々に増えはじめ、

この3月にはグ~ンと増えているのです 紫外線


 

 

カサカサしたお肌は紫外線にも無防備なので、

紫外線を浴びると、シミができやすいばかりか

肌内部の組織が破壊され、シワやたるみといった

老化の原因になってしまうことも 青スジ

 

 

うっかり春の日差しを浴びてしまう前に・・・ひらめき

 

お花見、スポーツなど、これからの行楽の時期に備えて

お肌のうるおいを取り戻しましょう 音符

 

 

 

■ 保湿

 

春のお手入れの基本は、たっぷりの化粧水で水分を補い、

乳液、クリームで保護をし、乾燥を防ぐことです

 

この時期のお肌は角質が薄く、敏感になりがちなので、

お手入れの際は、やさしく触れるようにして、

お肌をいたわるようなイメージで行いましょう ハートごちそうさま


特におススメは、コラーゲンやヒアルロン酸などの

保湿成分配合のフェイスマスク パック?


角質にたっぷりとうるおいを与えることで、乾燥を防ぎ、

シワができにくい、ぷるんとハリ感のあるお肌を保てますきらきら

 

また、お顔はもちろん、身体や手足、目元、口元など

パーツごとの保湿ケアもお忘れなく ためいき


 

 

■ 紫外線対策


シワ、たるみ、シミなどの肌老化を食い止めるには、

できるだけ紫外線を浴びないことが鉄則です


外出時は、日傘や帽子、お肌を露出しない衣服の着用、

日焼け止めを携帯してこまめにつけ直す、など

この時期から徹底した対策を ぼうし シャツ

衣類などでカバーしにくいお顔や首元は、

UVカット下地+保湿タイプのファンデーションの

ベースメイクでしっかりとガードしましょう ガッツ


特に普段から脂浮きやテカリが気になるという方は、

丁寧なベースメイク作りを心がけましょう かぜ

 

【 くずれ知らず!ベースメイクテクニック 】

 

(1) 下地をつける 洗顔料

UVカット下地を適量手にとり、頬、額、鼻など、

顔の中の高い部分におき、指の腹でのばし、

お顔全体になじませます

 

皮脂が出やすいTゾーン、小鼻は指先で押さえて

密着させます

 

ポイント。 ポイント

顔全体にむらなく、丁寧になじませて

 

※首元が開いた衣服を着る場合は、

 日焼け止めを忘れずになじませておきましょう


 

(2) ファンデーションをつける ( 全体 ) ファンデ化粧品豆腐

ファンデーションをスポンジに均一になじませます

スポンジの端を持ち、力をかけずに頬になじませ、

顔の中心から外側へとのばしていきます


ポイント。 ポイント

軽いタッチで、スポンジを滑らせるように


 

(3) ファンデーションをつける ( 細部 ) ミラーじっ 

スポンジに残ったファンデーションで、

細かい部分を仕上げます


< 小鼻 >

スポンジの角を使い、丁寧になじませます 

 

< 目の周り >

よれの原因とならないよう、軽くぼかすように

なじませます 

 

< あご・フェイスライン >

最後にスポンジに残ったファンデーションを、

首との境目ができないよう、首筋に向かって

薄くなじませます

 

ポイント。 ポイント

Tゾーンなど、メイクくずれが気になりやすい部分は

最後におしろいを重ねると、化粧くずれを軽減し、

紫外線防止効果も高まりますうえ

 

▼ 詳しくはコチラでもご紹介しています


【肌ケア情報】 季節別 春の肌トラブル

※モバイル表示はコチラ

 

【肌ケア情報】 季節別 春の紫外線対策

※モバイル表示はコチラ


 

 

 

 

 

みなさまのお肌がHAPPYになりますようににじ~

http://atorrege.jp/

 

オリーブの日

| コメント(0) | トラックバック(0)

こんにちは!

アトレージュの森 運営事務局の安東ですにゃ

 

 

3月15日は「オリーブの日」だそうです おりーぶ

 

 

1950年に昭和天皇が平和と繁栄の願いを込め、

小豆島でオリーブの種をお手蒔きになったことから

制定されたとのことです

 

 

オリーブといえば・・・ひらめき

一番に浮かぶのが「 オリーブオイルオリーブオイル 」ですね

 

香りがよく、コクがあるのに、さらっとしていて

オイルなのに胃にもたれないのが特長です ポイント。

 

パスタ、魚料理、ドレッシング、などなど・・・

 

イタリア料理やスペイン料理、特にギリシャでは、

オリーブオイルを使わない料理がないという程、

様々なメニューで使われているそうです 食事

 

 

 

オリーブオイルには、私たちのカラダに不可欠な

栄養素である「 脂肪酸 」が多く含まれています

 

脂肪酸のうち、オリーブオイルでは「 オレイン酸 」が

70~80%を占め、血中の悪玉コレステロールを

減少させるといわれています↓

 

血管の健康が保て、動脈硬化や高血圧、心疾患などの

生活習慣病の予防が期待できます ガッツ

 

 

また、オレイン酸には腸の働きを活発にする

働きもあるので、便秘の解消にも良いのこと 手

 

一日にスプーン1杯程度を寝る前、もしくは

朝起きて飲むのが効果的だそうです油ちゃんスプーン

 

 

そして、美容面でも良いことが ハート

 

オリーブオイルには、果皮や種に含まれる物質が

とけ込んでおり、オリーブオイルの渋みの元にもなる

抗酸化成分「 ポリフェノール 」も含まれています ためいき

 

その他、ビタミンA、E、Kなどのビタミン類も豊富で、

アンチエイジング効果が期待できます キラキラ

 

 

さらに、オリーブオイルは食用としてだけでなく、

皮膚の保護や水分の保持、柔軟性を与える目的で

化粧品の原料としても使用されています 化粧品

 

※ アトレージュAD+では、薬用リップエリアに

  配合されていますね!

 

 

・・・つい、オイルのことばかりご紹介しましたが、
オリーブの実自体も美味しく食せます オリーブ/黒オリーブ/緑きらきら!!

 

オイル同様、血管の健康を保ち、便秘の解消や、

アンチエイジング効果が期待できます 音符

 

 

オムレツやサラダ、トマトソースのパスタに トマトパスタ

ピクルスとしておつまみにしたり、サンドイッチにも パン  

ピザのトッピングに使われていることも多いですねピザ

 

 

美容と健康に、そして美しいお肌のキープにきらきら

 

今日はオリーブやオリーブオイルをたっぷり使った

料理を食してみてはいかがでしょうか きゃはっ♪



 

 

みなさまのお肌がHAPPYになりますようににじ~

http://atorrege.jp/

 

このアーカイブについて

このページには、2014年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年2月です。

次のアーカイブは2014年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。